スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶白の子

昨年4月と8月に続けて茶白の猫(ナエとトト)を亡くしてから、ずっと茶白柄の猫に憧れてました。
もともと好きな色合いでしたが、特にナエとトトは溺愛してたので「喪失感」が大きかったのです。

そんな時に出会ってしまったのがミカでした。
ミカが家に来た日から、気付けばトト&ナエの喪失感は消えていました。
ミカは自分が思った以上に、私の心の穴を埋めてくれてたのでした。
たった40日間だけでしたが……。

今、5匹がゴハンを食べてるのを上から見て思うのは……
「やっぱり茶色が足りない…」

でも今は、積極的に新しい子を迎えようとは考えてません。
縁があれば…とは思ってますが。
動物ボランティアの一時預かりに登録してるし、もし迎えるようなことになったら新しい子を入れるどころではないしね。

似たような寝姿ばかりだけど…ここにまだアップしてなかったミカ。

110418

もうすぐ、ナエの一周忌です。(4月22日)
悲しさはミカの分も加わってしまいましたが、8月のトトの一周忌の時に、トト、ナエ、ミカを一緒に納骨しようと考えてます。




ぽちっとよろしくです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの猫は、濃淡はあれど茶白が二匹。まあ共通項はそこだけなんですけれど、なんとなく親近感というか他人事とは思えないです。
ミカちゃん、短い猫生でしたけれど、大きな役割があったんですね。出会えて良かったですね~^^
プロフィール

山本まゆり

Author:山本まゆり
心霊関係中心に描いてる漫画家です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。