検査結果

エンちゃんの検査結果が出ました。

腎臓の数値はよくもないけど、年齢相応で「悪い」って程でもないということでした。
が、膵臓の数値が悪いらしい。
予想されるのは膵臓炎。

食べるのもよくないけど、食べないのも困る。
ということで、毎日の点滴が必要に。
また自宅点滴かーーー………。
あれは絶対にひとりでは無理。
誰かに押さえてもらって刺さないと…。
ナエの時、一人でチャレンジしようとして一度は成功したんだけど、途中で尋常じゃない程暴れられて(弱ってた筈なのにどこにそんな力を持て余してた!?って位)抜けてしまって、慌てて針を掴んだら自分の手に刺しちゃった…なんてことがありましたからねえ。
あの時は友人がかけつけてくれて二回目は成功したけど、ナエがもうもたなかった…。

取り敢えず今日はまた、獣医さんとこに連れて行って点滴して貰って、明日からのことを相談して来ます。

猫の病気はストレスがキッカケになったりするので、ミカが嵐を呼んだのかも……。
ガブの時は3日くらいでみんな馴染んだのに、何故かミカはみんな(キアラ以外)に嫌われまくってます。
同じ女の子だし、ミカよりガブの方がキツいのに、なんでかな??


ぽちっとよろしくです




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天使の台風

エンツォさん心配ですね。
ガブちゃん台風に引き続きミカちゃん台風が上陸して皆パニックになってしまったんでしょうか。
少しでも気持が落ち着くといいですね。

うちも先住ニャン(女子)が1歳半のとき、二ヶ月の男女ニャンを引き受けたのですが、子ニャンコのクセに既に先輩ニャンコと同じ位大きくて、後に更に倍以上大きく育ったせいか、あれから8年未だ和解せず(笑)
後輩ニャンは伸び伸び暮らしていますが、先住ニャンは綺麗な子なのに周期的に湿疹が発生して毛が抜けたりしています。
先住ニャンの方がダメージを受けやすいみたいですね。今は、ひたすら先輩ニャンコをたてて可愛がっています

みんな経験してる大変さですね・・;;

なるほど~・・まゆり先生のエンちゃんの件も、とんちさんのお話もとても共感できます。

うちも、数年前、もともといた子と拾ってきた子がものすごく仲悪くて、もともといたコの潜んでいた病気が表出化してしまったことがあります。

血液の病気で、「ヘモバルトネラ」という、ノミが媒介して体内に宿してしまう病気なのですが、なんらかのストレスがガツーンと入ると、表に出てきてしまい、不治の病となります。
慢性貧血で、他ニャンから、献血を受けて(20cc!猫の20ccって結構冷や汗もんの量ですよね・・)なんとか命をつないだんですが、力尽きてしまいました。もう病気をたくさん持ってた子だったんでどうしようもなかったんですが・・

そこまでひどいことになることは稀だと思いますが、エンちゃんもなんとか環境に慣れて、穏やかに過ごせることを祈ってます!!

ミカたんの存在が思った以上にかわいくて・・かわいいってホント罪ですよね・・(←大真面目に。)

エンちゃん、頑張れ~

エンちゃん、心配ですね。
すっかりミカたんファンになってしまいましたが、
エンちゃんはうちの子に似てるから、こちらもまたかわいくて。
元気にしてあげたい一方で、泣いたり叫ばれたりすると、
治療もまたかわいそうになってしまうんですよね~。

ミカたん、みんなに嫌われちゃって・・・
やっぱり最強すぎちゃったのかな。
プロフィール

山本まゆり

Author:山本まゆり
心霊関係中心に描いてる漫画家です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード