在りし日のナエ

2008年、母と同居してた時に、母の世話を半日兄嫁に頼んで出掛けてた時に兄嫁が撮ったナエの写真が出て来ました。

101221


なんか、頭でっかちに写ってて「ぬいぐるみ」っぽくて可愛くないですか?

ナエは視覚的にも、私にとってストライクでした。
見てるだけで癒されたので、物足りなくて「似た子」を探してしまいます。

よく、飼ってた子を亡くすと「同じ柄の子ならまた飼いたい」という人がいて、それまでの私は理解できませんでした。
だって、外観が一緒でも絶対性格は違うし、重要なのは性格だから「なんで??無意味じゃん」って思ってました。
でも、ナエを失って初めてその考え方が理解できた感じです。
トトも本当に可愛くて、外観も中身も大好きでしたが、トトそっくりの子をまた飼いたいとは思わないんですね。
なんというか……
ナエはまだ「足りない感」が残ってるんですね。
もっと見ていたかった。
もっと触りたかった。
もっと愛でたかった……。

悲しい別れがふたつもあった2010年も、もうすぐ終わりに近づいてます。
2011年はみんなが幸せな年になりますように。


ぽちっとよろしくです



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛しい存在

ナエさん愛らしいですね。
やっぱり品があって、美人さんですね。穏やかなお顔で、先生に愛されているんだなとほのぼのする写真ですね。

愛しくて仕方がない存在の子っていますよね。他の子が可愛くないわけではないけど、自分の心にスッポリはまる存在。私にもそんな子がいるので、よくわかります

No title

わかりますよ・・・私も またあの子と暮らしたいなーと思ってる子がいます。
なんていうか・・・なんていうんだろ・・・この感じ・・と思ってたのですが、まゆりさんの言葉「足りない感」がどんぴしゃですね。
その言葉がなんか ふっ と型にはまって納得がいきました(笑)
その猫は美猫でもなかったのですが表情があったのかなぁ・・
笑わせてくれたし和みもしましたねぇ 王子君にちょっと似てる子でした(笑)
また会えるといいですね ナエちゃんにv-283

No title

ナエちゃん、とーってもかわいいです。
なんかぼーっとした表情もまたいいですね。
でも、こんなかわいい子がもういないんだと思うと
切ない。。
うちの実家の16歳にゃんこはまだ生きてるけど、
赤ちゃんの頃の写真とか見てると泣けてきます。
生きていても、なくなっても、
その存在の愛おしさに泣けるのかも…

No title

かわいいです。。うん、これはまた会いたい子です。

わたしもまだ、10年以上前に先立った真っ黒な飼い猫の名前をHNで使ってます
お気持ち解ります
プロフィール

山本まゆり

Author:山本まゆり
心霊関係中心に描いてる漫画家です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード