体験型美術館

六本木の東京ミッドタウンにある21-21DESIGN SIGHTに行って来ました。

これはまさに体験型美術館。
ただ、見たり眺めたりするだけでなく、自分も参加して考えたり楽しんだりするものです。
11月3日までやっていますので、東京近郊にお住まいの方で興味のある方は是非。
ただ…ひとりづつしか体験できないものも多いので、並んだり待ったりする時間が多いです。
私が行った平日でも3?4時間立ちっぱなしという状況になりましたので、履き易い靴で行くことをお勧めします。

「これも自分と認めざるをえない」展

まず最初に、自分のデータを入力するブースがあります。
ここで名前を入力し、身長や体重(荷物を持ったまま)まで計られます!(一切、表示はされませんのでご安心を)

そして次は……え?指紋採取?
人差し指の指紋を採られると、なんとその指紋が泳ぎ出します。
帰る時、もう一度指紋を採ると、自分の指紋が泳いで帰って来ます。
うう…この文ではよく意味がわからないでしょうね(^^;)

更に進んで行くと、ふたつのゲートがあります。
「男性」のゲートと「女性」のゲート。
どちらに立ってもいいのです。
目線の先にはカメラがあり、カメラがその性別を判断して、ゲートを開けてくれるからです。
女性なのに、あえて男性のゲートに立つ人もいます。
でも、大概目の前のゲートは開かず、女性のゲートが開いてそちらに進まざるを得なくなります。

私は正直に「女性」のゲートへ。
ちゃんとカメラが「女性」と判断してくれて「女性」のゲートが開きました。

次のゲートは「30歳以上」と「29歳以下」
「29歳以下」のゲート前に立って「30歳以上」のゲートが開いたら、いい恥さらしになるので正直に「30歳以上」のゲートへ。

と!ところがっ!!!
カメラは私を29歳以下と判断しよった!
友人共に大爆笑です。
ガッツポーズさながらに「29歳以下」のゲートをくぐり抜けましたが…なんだか申し訳ないような、恥ずかしいような。
ちなみに…
ひとつ年下と3つ年下の友人は「30歳以上」と判断されました。
いやいや、ほんとに申し訳ない…。

他のお客さんのを見てるのも楽しいです。
20代と思われる三人の女性のうち、ひとりだけが「30歳以上」と判断されて「超ショックーーー!!」ってわめいたり、男性なのに「女性」のゲートが開いてしまって、照れくさそうにしてる人やら。

他にも楽しい体験が色々できます。
一人で行くより、友人と一緒に行った方が楽しさ倍増ですよ。

しかし…
あのカメラは何を基準に判断しているんだろう?
たまに誤作動起こして笑いを取ろうとしてるわけじゃないよね?(^^;)


ぽちっとよろしくです



スポンサーサイト

イタリア旅行記

今回は、ヴェネチアとフィレンツェとローマに行って来ました。
どこも代表的な観光地ばかりではありますが……本当に観光客だらけ!!!
イタリア人より多いんじゃない?って思ったくらい。

以前はイタリアにいる団体の観光客って、日本人が多かったんだけど、欧米人がやたら多かったです。
あと、インド人。
前回行ったのが、観光客のまるでいないトリノだっただけに…同じ国とは思えませんでした。
トリノの静けさが恋しくなりました。
観光地は物価も高いしね…!
円高だから、買い物しまくるぞー!!って思って行ったんだけど…「安っ!」なんて思う事なんて殆どありませんでした。

100929

言わずと知れたヴェネチア風景。
ホテルの前から撮りました。

フィレンツェの酒屋さんでワインを買おうとしたら……ややー!?
なんで、ひこにゃんが!?

1009291

なんでも、日本人スタッフが「招き猫」代わりに置いたらしい。
地方のご当地キャラが出世したもんです!
キティちゃんが大人気のイタリアですが、ひこにゃんにも頑張って貰いたいですね。

行く度に「増えたな」と感じるのが「マクドナルド」
ここにも「ご当地メニュー」が!

1009292

新鮮なモッツアレラチーズにバジリコ、トマト、繊細なソースですって!
そして、バンズはフォカッチャ!!
美味しそうだと思いませんか!?
これって、絶対イタリア人より日本人にウケると思います。
イタリア人にとっては今更?ってゆーか、なにもマックでやらなくても…って感じだと思うんですよ。
ちょっと食べてみたくなったけど、下にCOMING SOON的な事が書かれてます。
うーん、残念。


ぽちっとよろしくです


お土産仕分け中

スーツケースの中のお土産を仕分け中。

ややー!?
買った覚えのない「お土産」がっ!!

100926

コンパクトに収まってますが……
こんなナマモノは税関を通れません。
ってか、その前に重量オーバーで追加料金が発生します。


ぽちっとよろしくです


「ほん怖」休刊について

私がイタリア滞在中に発売された「ほんとにあった怖い話11月号」にて、休刊のお知らせがあり、驚かれた方も多いかと思います。

でも、ご心配には及びません。
雑誌のタイトルと発売元が変わるだけです。

朝日ソノラマから朝日新聞になり、そして今回は朝日新聞出版になるということ。

タイトルが変わるのは…企業の事情といいますか…私にもよくわからない話なんです。
コンビニで売られてる再録のASコミックは、今まで通り朝日新聞社から発売されます。
「ほん怖リニューアル」(私も新しいタイトルを知りません)の第一号には私も描く予定です。
他の人気シリーズも、芸能人体験シリーズも続くそうです。
…って、私がここで書いてしまっていいのかな?
編集さんには無断で書いてるので、怒られたら削除します。
ただ……
今号の「ほん怖」を帰国後に見て「これは読者さんを混乱させる!!」と心配になったので、書かせて頂きました。

誌名が変わっても、これまで通り、よろしくお願い致します。
「魔百合の恐怖報告」は続きます。



話は変わりますが……。
イタリア滞在中に、林正之さんの訃報を知りました。
一度お目にかかり、何度か年賀状のやり取りをした位のおつきあいでしたが、彼の漫画通りシニカルで楽しい方でした。
本当に信じられないです。
「うそだけど」って言ってほしい。

ご冥福をお祈り致します。




ぽちっとよろしくです




イタリアから帰国

皆様、ご無沙汰致しました。


18日から25日までイタリアに行ってました。
初めはポルトガルに行く予定でしたが、急遽気が変わって……
観光はそっちのけで「買い物」に行って来ました。
ポルトガルはまた来年にでも…と考えてます。

買ったものは、ワインとお洋服と食材。
あと、帰りがけにふらりと入ったベネチアン・グラスの店でバレッタも衝動買い。

4年ぶりに訪れたイタリアは………

観光客だらけ!!でした。
欧米人にとっては、9月ってまだ観光シーズンなんですね。
逆に日本人は少なくて、東洋人は中国や韓国の方々が目立ってました。
なんだか……人疲れしました……。

100925

これ…私の漫画の読者なら、どこだかわかりますよね?
「恐怖報告シリーズ」にも「緒方克巳シリーズ」にも出てきてますから。
って、読んでなくてもご存知ですよね?超有名な観光地ですものね。
この広場に来ると「フィレンツェに来たんだー!」って気分になります。
ちなみにホテルは、因縁の(?)サンマルコ修道院の近所でした。(サヴォナローラさんにはご挨拶しに行きませんでしたが)

こちらのニャンコは、ローマ郊外の商店街でひたすら眠る猫。
私に触り倒された直後、伸びたとこをパチリ。

1009251


今日はとっても疲れてるので(飛行機の12時間がキツいのよねー)このへんで失礼させて頂いて…また、写真などを交えて旅のお話などしていきたいと思います。

ではまた!


ぽちっとよろしくです



お誕生会

昨日は、行きつけのレストランにて「お誕生会」をしていただきました。

開始の頃にゲリラ豪雨。
さすが「嵐を呼ぶ女」の誕生日(^^;)

シェフが、ちょっと軽めのコースにして下さいました。
まずは前菜。

100916

あらら、ちょっとピンぼけになっちゃった。

次はバーニャカウダ。
完全無農薬の契約農家のお野菜づくし…私のお気に入りの一品です。

1009161

メニューにない具沢山のパスタです。

1009162

そして、お誕生日仕様のドルチェ。

1009163

どれも美味しゅうございました!

そして…
常連の皆様からプレゼントも沢山戴きました。
ありがとうございました!!
プレゼントを開ける瞬間って、いくつになってもワクワクして幸せな気分になるものですネ!

某エステ会社の社長さん(ちょい悪オヤジ風)から頂いたゴージャス花束。

1009164

猫に襲われるので、取り敢えずお風呂場に避難。
さて、明日からどこに置こうか……(^^;)


ぽちっとよろしくです



定期検診

定期検診のため、病院に行きました。

午前中にMRIの検査を受けて、午後の診察まで時間があるので、千駄木駅近くの「おにぎりカフェ『利さく』」でランチを食べました。

スープ3種、惣菜3種からひとつづつ、好きなおにぎりを二つ選べるBランチにしました。

私が選んだのは、タイカレー風スープと西京焼きと、おにぎりは明太子と塩昆布沢庵。
おにぎりにタイカレー?と、思いましたが…これがなかなか美味しいの。

おにぎりの形は、薄型で三角形の角が鋭利なタイプが私は好きです。(コンビニのおにぎりタイプね)
ここのは、円っこいすんぐりタイプ。
顎関節症持ちで、大きく口を開けられない私には苦手なタイプです。
仕方なく…「邪道?」と思いながら、お箸でつついて食べました。

100913


ふと、お隣のテーブルを見ると…。
お隣の女性も同じ食べ方をしていました。
ちょっと安心。
次の定期検診は半年後だけど、次は何のおにぎりにしようかな?…と、楽しみが増えました。

検査の結果は、再発もなく、問題なしでした。
半年ぶりでお会いした先生は、相変わらずイケメンでお忙しそうでありました(笑)


ぽちっとよろしくです


エンツォ寝姿

王子の寝方もどうかしてますが、エンツォの寝方もどうかと思う。

100909


この暫くの後、出て来てぼんやり。
のぼせたのか?

100910


ぽちっとよろしくです


遅まきながらFOI

8月29日の「フレンズ・オン・アイス」に行った日に、トトが倒れ、その翌々日に亡くなって、その日のうちにアシスタントさんが入って仕事突入したために、ショーのことは触れる暇もありませんでした。

この日はご一緒する筈だった方が急に来られなくなったために、小説家の竹河聖先生をお誘いしました。
でも、この日初めてお会いしたのです。
と、言いますのは……。

月に1?2回通ってる鍼の治療院で、カーテン越しに他の患者さんと先生を交えてお話をしていたんですね。
その患者さんも高橋大輔ファンという。
私の方が先に治療が終わり、相手のお顔も拝見しないまま、お別れしました。
次にまた治療院へ行くと、先生から「先日、カーテン越しにお話されてた方からメッセージをお預かりしてます」と封筒を渡されました。
「後で『先ほどの方は何をされてる方ですか?』と聞かれたんですけど、私の口から言っていいものかわかりませんので『物書きさんですよ』とだけお答えしました」と。
お手紙を呼んでびっくり!
竹河聖先生でした。
以前「ほん怖」でJET先生作画で原案提供されてましたし…なんという縁でしょう!
世の中狭いです。

で、ショーの方ですが、その大輔君は今季ショート・プログラムを初披露!
実に観客ウケしそうな楽しいプロ!ですが…審査員ウケするかな??…と、ちょっと心配。
競技というよりEXっぽい気もするので。
衣装はネット・ニュースで見たリハの驚愕写真(セクスィー部長か竹中直人か…みたいな)のではなく赤い衣装でした。
でも、まだ競技まで時間あるし、また変わるんだろうなあ。

その「驚愕写真」

100908

他に印象的だったのは、イリヤ・クーリック。
現オリンピック金メダリストより、ずっと力強く輝いて見えました。
もー思わずスタオベ!!

このショーはテレビ放送もあります。
9月25日の午前10時半からです。(日テレさんです)
って…私はイタリア行ってて見られないよ!
帰ってからのお楽しみにします。


ぽちっとよろしくです


未亡猫

トトの荼毘に伏しました。

写真は子も夫にも先立たれた未亡猫キアラ。

100902

フラッシュの影響で「目からビーム!!」的な写真になってしまいました。

キアラもトトと同じ17歳。
女の子だし、健康だし、トトやナエの分までいっぱい生きてほしいです。

そういえば……
若い頃は「霊感猫」だったキアラですが、最近ではさっぱり…な感じです。
トトの気配も感じてないようですし……って、私も感じてないので、ここにいるかどうかもわからんのですが。


トトや私に対してのメッセージ…本当にありがとうございました。
ナエの時と違って、トトは何度も死にかけて、何度も覚悟していましたので、ナエの時程のショックはありません。
もちろん、悲しさは同じ位ですが。
やはり、突然に逝ってしまうのが一番こたえるんだなあ…と思いました。


ぽちっとよろしくです


プロフィール

山本まゆり

Author:山本まゆり
心霊関係中心に描いてる漫画家です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード