ライヴ週間

「あなたが体験した怖い話」の原稿上げて、次は「HONKOWA」のネームにとりかかるのだけど、今週は息抜きでライヴを2公演観て来ました。

ひとつは「ARW」
……と言っても、殆どの方はご存知ないでしょうね。
アンダーソン、ラビン&ウェイクマンっていうと、少しわかった方いらっしゃるかな?
まあ、殆ど「YES」ですな。

70オーバーのジョン・アンダーソンがもう、かわいいったらない!
声も相変わらずの天使っぷりで凄い。
自分が20代の頃、イエスのライヴ観て、友人と「歳取ったら、あんなかっこいいオジサンになりたいねー」などと言ってたのだけど、今、あんなかわいいおじいちゃんになりたいって、思いました。
(かっこいいオジサンって思ったのはクリス・スクワイアだったんだけどね)

そして、もうひとつは「Tokyo Rock'n Sax」
8人のサックスと一人のドラマーの編成のバンドです。
殆どが、プログレとハードロックのアレンジコピーなんだけど、これがもーかっこいいのなんの!

つい、二日前に聴いた本家の「ハート オブ ザ サンライズ」がここでまた聴けて、なんか凄い感慨深かった。
彼らのライヴに行ったのは、今回で三回目なんだけど、毎回元気を貰います。
ほんとに大好き!
5月にも二回ライヴあるんだけど、仕事で行けない……悲しい。
6月のライヴまで我慢します。

170421

ファンの方が作ったバナータオル頂きました!
ありがとうございます!!

スポンサーサイト

満身創痍

また少し空いてしまいました。

お久しぶりです。
通院しながらの仕事作業は思ったよりも大変で、1ヶ月以上かけて、ようやく完成が見えて来たところです。

しかも!通う病院が増えてしまって、まさに満身創痍!

今年入ってから、左腕に違和感があり、ある日激痛がやって来ました。
動かすと更に痛くて、上着を羽織る時など悲鳴をあげてしまうくらい。
これは……
もしや……
40肩ってヤツ!?
あ……ごめんなさい。見栄はりました。
50肩でしたね。

それを周りに言うと、皆さん既にやっていて、そんな先輩方のアドバイスは、とにかく痛くても頑張って動かせと。
でないと、ますます動かなくなるぞ!と。
なので、ストレッチなど一生懸命やってました。
でも、日々酷くなる。
動かすと痛いなんてレベルではなく、何もしなくても、腕全体が怠い。
なかなか時間が取れない中、病院ハシゴして整形外科に行きました。

「50肩じゃないです。肩腱板断裂です」と、医師。

絶対安静。動かしちゃダメ。三角巾で腕吊ってほしい位です……と、炎症止めの飲み薬を処方されました。
これで効かなければ、注射だね。とも。
今日で一週間飲んだけど、効いてる気がしない。
今日、注射だな〜ヽ(;▽;)ノ

今やってる原稿は来週頭には上がると思うけど、その後すぐに、沙弓さん話、魔百合の恐怖報告の描き下ろし、あな怖の原稿、HONKOWAの原稿と仕事ラッシュ。
無事、乗り切れるんだろうか?自分。

なんとか……
頑張りますヽ(;▽;)ノ

明けましておめでとうございます

年が明けて、もう3日になってしまいまして、今頃?ですが、明けましておめでとうございます🎍

初詣に行った神社で引いたおみくじは、末吉でした。
書いてある内容はまあ、良いことひとつもなくて、早い話が「今年は何も出来ない。何をやっても無駄に終わる。何もするな」といった感じ。
んー……まあ、当たってるような気はするんで、なるべく大人しくしてようかと思ってます。

そういえば、仕事してない年末年始って、何年ぶりだろう?
軽く10年は超えると思う。
だいたい12月27日くらいまでネームやってて、1月2日からアシスタントさんに入って貰うってパターンがずーっと続いてたっけ。
だから、年賀状も全く書いてない。
今年は書くぞー!って思ってたんだけど、気づいたら年が明けてた😅

メールが主流になってる昨今、年賀状書く人も減ってるけど、やっぱり頂くと嬉しいものだったりするので、せめてお返事を……って思ってても出せなかった。
今年は返事だけでも書く!!って、思ってますが、どうだろう?
寒中見舞いに間に合うかどうかってラインになりそう😂

と、いうのも、今月からお仕事再開するからです。
とはいえ、治療に通いながらの仕事だし、久しぶりなのでリハビリも兼ねての作業。
どれくらいのペースで描けるのかが未知。
いつもの倍以上の期間をかけて、ゆっくりやってく予定です。

掲載の予定など、はっきりわかりましたら、報告させて頂きます。

本年もどうぞ、よろしくお願い致します。

SMAP

SMAP×SMAPの最終回、後半だけ観た。(出掛けてたので途中から)

CD買った事もなければ、ライヴにも行った事のない私はファンという訳ではなかったかもしれないけど、日常の一部を切り取られたような喪失感を感じずにおられません。
ご存知の方も多いかと思いますが、吾郎ちゃんファンではあるので、これからも吾郎ちゃんの芝居は観られるんだよな〜……とは思いつつ、中居さんや慎吾ちゃんにイジられる吾郎ちゃんがもう見られないのかー!って、思うと凄く悲しい。
あの空気感が大好きだった。
バラバラなのに、ひとつ欠けたら崩れてしまうような、妙な一体感が好きだった。
そんなグループ他にある?そうはないよね?

いつだったか……
ビストロ SMAPに某ゲストが来た時に、木村拓哉さんがセクハラまがいの事をされて……「わ…ここをどうかわして切り抜けるのかな?」って思ってたら、完全無欠だと思ってた木村君が対応出来ずに固まってしまった。
そこを救済したのが慎吾ちゃんだった。
木村君だけでなく、その場の空気が固まる中、唯一動いたのが慎吾ちゃんだった。
そこで、その場の空気がおさまった。

その時、ああ、このグループは無意識に役割分担されてるような、素晴らしいバランスを持ってるんだなって確信しました。

だから……
一部で言われてるような、不仲説は私は信じてないです。
信じられないです。
真相はわかりませんが、私はそう思います。
だから……

今後の彼らの活躍を静かに見守りたいです。
お疲れ様でした。
ありがとう。

お見舞い

二日続けての更新なんて、何日ぶり?何年ぶり?
たまには、珍しいこともしてみた。

退院してから二ヶ月以上経ったけれど、未だにお見舞いの品などが届きます。
まあ、完治した訳ではないので、ありがたく受け取っております。

色々いただいた中で、一番ウケたのがコレ!

161220

小田さんチョコレート!!!

高校時代の同級生の二人が小田和正さんのコンサートに行って、買って来たお土産ですが、お見舞いの品に混ぜてあったのです。
友人二人は今や、小田さんの大ファン。
でも、高校時代は私が布教しても振り向いて貰えませんでした(つД`)ノ
何年か経って再会したら、二人ともすっかり小田さんファンになっててびっくりしたものです。
そして今も熱心にライヴに行ってると知り、色んな意味で嬉しくなりました。
私はもう、遠い昔に離れてしまったけど、今でもテレビなどであの声を聞くと色々な思いが甦ってきます。

私のデビュー作は、高校二年の時に小田さんの某曲をイメージして描いたものですから、勝手に感謝しております。
でもこれ、コミックスに収録されてないんだよな〜。
今更恥ずかしくて出す気にもならないけど(//>ω<)

御守り

今年ほど、御守りを頂いた事はなかったかも。

「御守りは自分で買うものでなく、他人に買って頂くもの」って言いますから、ありがたいです。

161122

左上が言わずと知れた三峯神社の御守り。
その隣が櫻田山神社の御守り。これは、狩野英孝さんのご実家の神社のもので、訪れた友人が買って来てくれました。(私が狩野さんのファンだからw)
左下が太宰府天満宮の御守り。お医者様の友人が買って来てくれました。
その隣が大雄山の御守り。これは沙弓さんが「まゆりさんにはどこの御守りが合うだろう?」って悩んだ末、買って来てくれたものです。

よく、いろんな神仏や御守りをかき集めて、神様同士のぶつかり合いでヤバい状況に……って聞きますよね。
実際、そんな話を何度か描きました。
おそるおそる玲子さんに「こんなに違う神様んとこの御守りを一緒に持ってていいのかな?」って聞いたら、笑って「いいんだよ。こういうのは」と言ってくれました。

なので、安心して寝室に並べました。
みんな、ありがとう。
大切にします。

私の知らない怖い話

8年前に入院した時は、遊女の霊に始まり、病院で亡くなった方々が押し寄せて、毎晩不眠に悩まされました。
(ここら辺の話は、実業之日本社刊「山本まゆりの幽幽さんぽ」に載ってますので、ご興味ある方は読んで下さいね)

今回も、そこが一番不安でした。
手術よりも( ̄▽ ̄)

しかし、何事もありませんでした!!
全身麻酔の副作用なのか何なのか、不眠には悩まされましたが。

今回の入院中は、所謂「視える方々」がお見舞いに来て下さってました。
退院後、その方々から話を聞いてビビりました。

私のいた病室……
結構ヤバい霊がいたそうです:(;゙゚'ω゚'):

私の知らないうちに、能力をお持ちの方々が力技で、私のベッド周りに鉄壁の守りを作って頂いてたようなのです。
だから、何もなかったんですねヽ(;▽;)ノ

私は何も視ても感じてもいませんが、そのうちネタとして描くことになると思います。
お楽しみに〜(*´∀`*)

君の名は。

「君の名は。」観た。

術後の傷の痛みを忘れる程に面白かった。

観終わってから、ズーーーーンって、痛み来た。
え?映画観てる間、痛い事忘れてた!って気付いた。
それだけで凄い。

やっぱ、娯楽って大切。
苦しい事を忘れる程に集中出来るって大切。

そう感じた1日だった。

自分に降りかかった病は、神様が「少し休みな」って言って与えてくれた休みだと思う。
だから、無理はしないって決めた。

いっぱい本読んで、映画観て、バレエ観て……充電したい。

全身麻酔

まさか、たった8年の間に二度も全身麻酔による手術を受けるとは思いませんでした。

でも、前回受けた時は楽勝だったし、何も不安などありませんでした。
自分は寝てるだけ。
あとは執刀医はじめ、医療スタッフが頑張ってくれる。
ドーンと構えて手術室に入りました。


「終わりましたよー。どこか痛いとこありますかー?」
その声で目覚めた時……

「もう一回、麻酔かけて眠らせて!!」って思う程、自分の体に異常を感じてました。
足は痙攣してるし、腕は痺れてるし、切った部位は激痛だし、喉も痛いし苦しい。
何よりも激しい吐き気が止まらない。
15分位すると、鎮痛剤が効いてきて痛みや痺れは治ってきたけど、吐き気だけはどうにも治らなくて、どうしようかと思いました。
看護師はシャーレを顔の横に置いて「吐いちゃって!吐けば楽になりますから」って言うんだけど、えー?吐くものなんてないよー。食べてないしー……ってオエオエと嘔吐くばかり。
1時間位そんな状態が続いた時、やっと水が少し吐けました。
「頑張って!もっと!全部吐いて!」と看護師。
もう一回、少し水を吐いたら、三回目はもう何も出ませんでした。

そしたら、あれ?楽になって来たかも???
少しづつではあるけど、顔に血の気が戻って来たような感覚。(後から聞いたら、顔面蒼白だったらしい)

そこは、手術を終えたばかりの人が一時的に収容される大部屋。
自分が苦しい時は周りの状況など気にしてる場合じゃなかったけど、自分が落ち着いてくると、周りから色んな声や音が聞こえてくる。

「痛い……痛い……痛いよ〜……」
「オエェェエ」

まるで拷問部屋にいるみたい。
まだ自分も完全に苦しさから解放された訳ではないけど、気の毒で辛くて「早く自分の部屋に帰りたいよ〜」とか、睡眠薬も投入して眠らせて〜……って思ってました。


無事に退院した今でも、あの時の自分の状態を思い出すとゾッとします。
もう、全身麻酔は二度とゴメンだって思います。
前の時と麻酔の種類が違うのか、量が違うのか、よくわかりませんけど。

仕事の復帰に関しては、術前は来年早々には……なんて言ってたけど、今は「絶対無理!」って感覚。
これから治療もあるし、早くて春くらいからかな〜?
なんて勝手に考えてます。
あとは編集部との話し合い次第ですね。

とにかく今は身体を治す事に集中します。
少しづつ、体力を回復させつつ……。

頑張らないで頑張るよ!!


シン・ゴジラ

検査と通院疲れの今日この頃ですが、原稿やネームからは解放されたので、久しぶりに映画館へ足を運びました。
観たのはウワサの「シン・ゴジラ」

最初、一人で観に行くつもりでしたが(映画は基本的に一人で観るのが好き)前日に友人と食事してて「明日はレディースデイだし、シン・ゴジラ観に行くんだ」って言ったら「私も一緒に行こうかな」と友人。本当は家から一番近い映画館で観るつもりだったけど、都内に住む友人宅からは遠いので、間を取って、二子玉川の映画館へ。

6時5分開演を目指しましたが、なんと満席。相変わらずの人気!
仕方ないので、9時40分からのレイトショーに変更。
それまでゴハンして過ごすことに。

レイトショーも結構な入りでした。
冒頭から友人は隣で大爆笑。
そうだ……この人、田園調布の住人だった。
そりゃ、笑うしかないわな!
この友人と観て正解だったかもo(^▽^)o

更に、エンドロールの時に「え!?萬斎どこに出てたの?」

伝統芸能大好きな友人。その台詞、待ってましたヾ(o´∀`o)ノ
私はドヤ顔で言いました。

「ゴジラ役」

一人で観ても十分面白かったと思うけど、友人と観たおかげで、更に楽しめました!
宇宙大戦争マーチを口ずさみながら帰路につこうと駅に向かったら……
人身事故発生で電車が止まってたΣ(゚д゚|||)

仕方なくタクシー乗り場へ。
つい、タクシーの運ちゃんに「シン・ゴジラ」オススメしちゃったけど「映画料金、高くついちゃいましたね」と笑われてしまった(つД`)ノ

いいんだもん。
面白かったから!


うちのニャジラと旧ゴジラ
160922




缶詰仕事

今日から3泊程、お籠り仕事に入ります。
来週までに2作上げないとならないので、ネーム2本一気に仕上げるために自らホテルに閉じ籠って仕事します。
猫のお世話はアシスタントさんに任せて集中するためです。

昨日は朝からショッキングなニュースが入って来て、早くから飲んでしまって早めに寝てしまったので、今日は3時半に目が覚めてしまいました。
私の音楽指向を大きく変えるキッカケにもなったキース エマーソンが亡くなってしまった。
それも自ら……。
4月のライブを楽しみにしてたのだけど、彼にとってはそれが苦痛でもあったのだろうかと考えると辛い。

バンコのジャコモさんの時もそうだったけど、どうしてみんな、日本に来る直前にいなくなってしまうのかしら。

仕事が一段落したら、ロック バーにでも行ってエマーソン三昧したいな。
一人で聴いてると、滅入りそうだから。

では、缶詰旅行に行ってまいります!

一息ついて…

ノーラをペット霊園に引き渡し、彼女が過ごしてたケージを掃除、消毒して落ち着いたら……なんか、凄い解放感みたいなのが押し寄せてきた。
ノーラの死は悲しいけど、自分にとっての役割は果たせたっていう満足感みたいなものもある。
ノーラの死をご近所さん(決して好かれてた訳ではない。ガーデニングを荒らす憎いやつと思われてた方もいらっしゃるでしょう)に伝えると、あとこちで色んな名前で呼ばれてたって事を知りました。
ああ、それなりに愛されてたんだね…ノーラ…って知った。
20年、またはそれ以上、過酷な外で生きることが出来たのは、ご近所さんの愛があったからなのかもしれません。

ここのとこ、公私共にもの凄く忙しくて、本来自分の職種には関係ないシルバーウィークが久々の休暇だったのですが、ノーラの死と共に一気に解放されたってのが、正直な気持ちです。
そんなとこまで気ぃ遣った?ノーラ……?
な訳はないでしょうけど、このタイミングだったのはありがたくもあり、不思議な感じです。

で、今日はNHK FM の「プログレ三昧」を聴きながらワインを飲んでまったりと過ごしてます。

たま駅長

たま駅長が16歳で亡くなったと聞いて……

そうか、うちのエンツォと同じ歳なんだね。
姉だか妹だかのフーコは昨年の夏に15歳で虹の橋を渡ってしまったけど、エンツォは食欲もバリバリで元気。
男の子だし、オシッコももう臭くないんで覚悟はしてるけどね。

たま駅長が人間でいうと80歳って報道されてたけど、多分、猫の一歳が二十歳で、あとは一年で4つ歳を取るって計算なんだろうね。
で、考えた。
ノーラ、いくつだ?
最低でも猫年齢二十歳。
人年齢だと………

96歳!??

すげーや。
是非、あと一年は生きて100歳のお祝いをしたいですね〜(*^^*)

頑張れ、ノーラ♪( ´θ`)ノ

もうすぐ7月!?

6月入って一回だけ日記を書いて……気がつけば、7月はもうすぐそこ。
なんということでしょう。
今年ももう半分が終わろうとしています。

何やらタチの悪い風邪をひいて、ずっと喉の奥に蜘蛛の巣みたいなのが張ってる感じの毎日を過ごしてます。
そのせいで、仕事がちょっと押してます。

うちの猫達はみんな元気です。
今月に入って、昆虫Gと家の中で三回遭遇しましたが、全て既にお亡くなりになってました。
うちのハンターたち、ブラボー( ̄▽ ̄)
まだ、動いてる奴には外でしか会ってません。
夏が終わるまで、お会いしたくのうございます。

取り敢えず、生きてます報告でした。
7月は「あな怖」「HONKOWA」共に掲載予定ですので、お楽しみに〜(*^^*)

お休み満喫

遊び歩くのも結構疲れるお年頃なのか、今日はダラダラ寝て1日が終わろうとしています。
普段なかなか会えない友人たちと毎日のように食事に行ったりして、胃腸も疲れ気味。
お休みはあっという間に終わり、そろそろ仕事モードです。

お休みの間に読んだ本の中で印象に残ったのは、X JAPANのTosh1さんの告白本「洗脳」
グイグイ引き込まれて、一気に読んでしまいました。
色んな意味で、人間って怖い。
最後はホロリと泣けてしまいました。
特に彼のファンという訳ではないけれど、帰って来てくれて本当に良かったって思います。

あと、昨日は阿部ゆたかさんと池沢理美さんの二人展に行ってきました。
美しい原画の数々は目の保養になりました。
吉祥寺リベストギャラリー創で5月20日までやってるので、ご興味ある方は是非。
お目汚しですが、私のサインも残して参りました。

さて、夏までの山場第二弾にそろそろ突入します。
RESETのコミックスなども出るようですので、詳しいことがわかりましたら、まだUPしていきますね。

手塚治虫×石ノ森章太郎展

手塚治虫×石ノ森章太郎展が開催されてた頃は本当に忙しくて、行きたいと思ってたのに行けませんでした。

でも、行った友人がお土産を買って来て下さいました!
こんなに沢山…!!

130916

仕事が一段落してお休みに入ったので、ようやくゆっくり目を通すことが出来たのですが、とても読み応えあって楽し〜。
でも…
スマホのスタンドを頂いたけれど、私はまだガラケー。
そろそろ替えろってことか?


避暑地でお仕事

なんだか、微妙なお天気が続いてますね。

ネーム創作期間が短いため、一気集中でやろうと二泊だけ避暑地にお宿を取って明日からおこもりです。
でも…
地元が十分涼しい気が……!?
無駄足&無駄金使う事になっちゃうのか!?
暑くなるという声もあるけど、帰って来た途端に猛暑!!!なんてのは嫌だよ〜〜〜!

下の写真は一ヶ月ほど前に一泊だけ軽井沢にお泊まりした時のお部屋。
ゴージャスでしょう?
このゴージャスなお部屋が一泊たったの5千円!(ひとりで泊まって)
ここはエクシブ軽井沢のお部屋なんですが、友人がオーナーで割引券をくれたので格安で泊まることができたのです。

今回は軽井沢ではないけれど、別のエクシブを利用させて貰います。
楽しみ〜!

130725

夫婦木神社

昨日の日記の続きです。

ご神木のある部屋を出ると、お茶をするスペースがあり、そのテーブルに置いてあったのは………
コレだ!

1304241


これは、宮司さんが買って来たのでしょうか?
それとも、HONKOWA編集部からの献本???

いずれにしても…かなり読み込まれてる様子でした〜w

桜と雪

またしても激しくご無沙汰してしまいました。

前の日記が「つづく」のまま、放置。
登山日記を今更書くのも………なので、申し訳ないのですが、とりあえずスルーさせて頂きます。
登山ネタを作品化した「神隠しの森」がコミックスになった時の「あとがき」にでも書きますので、それまでお待ち下さいませ。

元々、長い文章を書くのが苦手なので、Twitterなる「短い呟きでオケ!」なものに手を出したらもう…Blogが面倒くさくなっちゃって…(^^;)
別に、こっちでも長い文章書かなくてもいいんですけど、なんかちゃんと書かなくてはいけない気がしてついつい放置してしまいました。
本当にすみません!!

で、前置きはこれくらいにして…。

先日、一泊二日で軽井沢〜八ヶ岳〜昇仙峡へ行って来ました。
佐久に住む友人と軽井沢で待ち合わせして、いつものお気に入りレストラン「エブリコ」でランチ。
食事中に雪がチラホラ…。
「きゃー!お泊まりする八ヶ岳は大雪かもねー!?」と、ビビる私たち。(大当たり)

食後は友人の車で桜を見に「懐古園」へ。
ところが!
もう既に、かなり葉桜で残念な感じ…3日程前が一番見頃だったみたい。
そして、長野牧場へ移動。
うん。ここは寒いのでかなりいい感じに咲いてました。
(Twitterに写真載せたので省略)

雪の八ヶ岳はちょうど零度!
朝からホテルの職員たちは除雪で大忙しでした。
私たちは雪から逃げるように車で甲府方面に向かいました。
一時間も走ると、もう別世界。
雪の積もった枯れ枝の山から、晴れた新緑の山へ。
一日で冬と春を堪能した感じ。

昇仙峡にやって来ました。

130421

何故か、ここの茶屋の人々は人懐っこくて親切。
どこで「ほうとう」を食べたらいいのか、悩んでしまいました。

そして、近くにある「夫婦木姫の宮」へ。
そこにおられる「神功皇后命」…どこかで見た事ありませんか?

130422

そうです。
HONKOWA読者さんならもうおわかりだったでしょう。
ちょど一年前に三巳華さんが「スピ散歩」で取材された場所なのでした。

ここの宮司さん…本当にお話好きで楽しい方でした。

つづく…といいながら…

なんと一ヶ月以上も放置してしまいました!!

ごめんなさいっ!!!

Twitter始めるとBlogが面倒くさくなっちゃうんですね…。
Blogだと、長い文章書かなくちゃ…と思うのでなんだか億劫になってしまう。

軽井沢から八ヶ岳に移動した旅日記書こうかと思ってたんだけど、先日二度目の八ヶ岳に行って来てしまったので、なんだかなー…という感じ(^^;)

でも、とりあえず写真などUPしておきます。

軽井沢最後の晩は「エブリコ」というキノコ料理専門のフランス料理屋さんに行きました。
実は私、キノコが大好き。
このお店では、春夏秋冬のキノコを季節ごとにお料理して出してくれるようです。
そんなことを聞いたら、年に4回は来ないと!って思ってしまいます。

どのお料理も美味しくて、最近すっかり小食でフレンチのフルコースなんて絶対無理!!と思ってたのに、完食してしまいました。

121013

いろんなキノコがいっぱいで幸せ!!


121014

お魚料理の付け合わせもキノコ!

「秋も紅葉見がてら、また来ちゃおうかな!?」なんて思ったひとときでした。
(本当に行ってしまいました^^;)


八ヶ岳に移動してからは、友人に連れられて、北八ヶ岳 坪庭へ。
ロープウェイに乗って山頂に上がると、山岳が見渡せます。

121016

遊歩道を30〜40分程トレッキング。
途中、北横岳に登るルートを試しに行ってみましたが、登山の装備ではなかったので途中まで行って引き返して来ました。
でも、ここは多分初心者ルートでたいしたことはなかったんだろうな…と、この二ヶ月後に思い知ることとなります。(だって、ここはちゃんと「道」があったもん!)

と、いうわけで…時間があき過ぎてしまったため、この旅日記はここで強制終了。

この次は(多分)秋の八ヶ岳・登山恐怖報告!となることでしょう。
間があくと、また書くのが面倒になってしまいますんで、なるべく早く書きたいと思ってます。

ではでは、また!




ぽちっとよろしくです






夏休み〜軽井沢3

二日目は、女神湖の花火大会へ行く予定でしたが、なんだかお天気が今ひとつでしたので、やめて友人とお蕎麦食べに行ったり、中軽井沢のハルニレテラスに行ったりしてのんびり過ごしました。

三日目は、ガイドブックで見て気になっていた熊野皇大神社へ。

120811


境内には樹齢850年以上というご神木があります。

120812

なんだかパワーを感じませんか?

この神社は長野県と群馬県の県境にあって、このご神木は長野県側の敷地にあります。
標高1200mにある神社なので、眺めもいい…はずなんですが、あいにくこの日はガスってて下界はよく見えませんでした。

境内にはヤタガラスのお守りやら絵馬などが売られていて…なんで?と思ったら、「日本武尊 詠嘆の処」「吾嬬者耶」と、ある…なるほど。

日本武尊がこの山に登られた際、濃霧で先に進めなくなった時にヤタガラスが現れて道案内をしてくれたという。
そしてその山頂から遠くの海を眺め、相模灘で海中に身を投じた妻・弟橘媛を偲び「吾嬬者耶(アズマハヤ)」「ああ、愛しの我妻よ」と三嘆したと伝えられているのです。

この日は友人の車でここへ行きましたが、旧軽井沢からハイキング気分で70分かけて登る…ってのもありだそうで……お天気よくて涼しい日ならチャレンジしてもいいかも(^^)
他にも春〜秋のみ運行するシーズンバスも利用できます。
ご興味ある方はぜひ行ってみて下さい。

お守りを買うと、ちゃんと神棚に持っていってご祈祷して下さったんですよ!
ちょっと、感動しちゃいました。

〜つづく〜




ぽちっとよろしくです




夏休み〜軽井沢2

見知らぬ男性はこう言った。

「いつもSがお世話になっております!!」

S?…Sさんっていったら、とても珍しい名前なので、あのSさんしかいない。
並んでるワインを見ると、長野の地ワインなど一本もなくて見慣れたイタリアやフランス、ドイツのワインばかり。

「ああ!?ワインハウス○○の!?」
私がよく買っているワインショップの方でした。
私の担当はS氏ですが、都内や横浜の試飲会によく顔を出すので、私を覚えていたということでした。

新しい試みで、出張試飲会を開いていたそうです。
なんというか…世の中狭い。

「どうぞどうぞ。ワイン飲んでって下さい」
言われるままに、ワインをごちそうになってホテルに戻りました。

夕飯まで時間があるので、お風呂に入る事にしました。
ところが……
お湯の調節が超難しい。
熱湯か水しか出ないのだ。
だめだー…このホテル……。
湯船にためるお湯は冷水と熱湯半々でなんとかなるけど、シャワーが使えない。

まるで、イタリアの安ホテルみたいだ。

フロントにクレーム言ったら、コツを教えてくれたが、やっぱりダメでした。
今日はお風呂諦めて、明日日帰り温泉に行くことにしました。

気を取り直して、夕飯はアウトレットでイタリアン。

温野菜のサラダ

1208101

やっぱり野菜が美味しい…満足。
もう少し食べたいので、オムレツを注文。

1208103

オムレツ…というより、フリッタータね。
添えられたトマトソース(ケチャップでないのよ)も美味しくて、かなりボリュームありましたが、完食。
おなかいっぱい〜♪
もちろん、お供はワインでした。

二日目は長野在住の友人と会う予定なので、一緒に温泉に行く約束をする。
明日はきっといい日になる!と信じて、波乱の初日を終えたのでした。







ぽちっとよろしくです




夏休み〜軽井沢1

11日間の夏休みを終えて帰ってまいりました。

涼しく清々しい高原から灼熱の横浜に戻って早三日目。
この空気感に慣れない上に溜まった雑用に追われ、なかなか落ち着いて日記など書ける状況ではありませんでした。
また、仕事も始めないといけないので、ぼちぼち避暑地での写真などUPしていきたいと思います。


宿を手配したのは6月でしたが、軽井沢はもう既に連泊出来るホテルが見つからず…旅行代理店なら押さえてる部屋があるんではないかと、近所の旅行社に駆け込みました。
「ひとつだけ、うちで押さえてるとこはあります。が、評判がちょっとあまりよくないような…」
そう言われましたが、もう取れればどこでもいいや!という気持ちでしたので、そこを5泊で押さえて貰いました。
残り5泊はネットで八ヶ岳のホテルを取りました。

そして初日。
涼しいと思った軽井沢がなんだか暑い!
ホテルに着くと、フロントで「二泊ご利用の山本様ですね?」

え?二泊???「違います、5泊です」
フロント「いえ、二泊と承っております」

「いえ、でもここに5泊と書いてありますでしょ?料金も全て払い済みですよ」と、旅行社の用紙を見せる。
すると「そういわれましても、こちらの用紙には2泊としか書いてありませんし、この時期ですから空き部屋もありませんからねえ」と、なにやら不穏な空気。
「ちょっとお待ち下さい。電話で確認します」と、どこかに電話をかけるフロントスタッフ。
電話の会話もなかなか要領を得ない感じで時間もかかってる。
どんどん不安になる…。

やっと電話を切り、「わかりました。大丈夫です。お部屋はお取りしてあります」と。
旅行社が最初2泊と連絡してきて、その後で3泊入れてきたので、ツアーコードのナンバーは別で承っていたから別人として登録されてたとか。
全部、旅行社のミスのような言い方だったけど、ホテル側の手違いではないの?

だいぶ感じの悪い対応だったのでちょっとムカついたけど、ちゃんと泊まれることにほっとして部屋に入りました。
…結構狭い。
んでもって、なんだかバスルームが臭い。
かなり古そうなホテルなんで、下水の匂いとかが上がってきてる感じ。
当然、クーラーもなく、小さい窓からは風も入ってこないので暑い!!!
この時期ですからお値段はそれなりにお高いわけですが、その料金にまったく見合ってない。

お腹もすいたし、とりあえず脱出しよう!と、旧軽井沢へ向かって歩きだしました。
この時期の旧軽はもの凄い人混み!!
レストランも並ばないと入れない状況。
とにかくどっかで涼みたいので、並ばないで入れるカフェに飛び込みました。

高原野菜の冷やしうどんとアイスコーヒーを注文。

120810

まあ、味は普通なんですが…中に入ってる高原レタスがめっちゃ美味しい!
今まで食べてたレタスは何だったんだろう?と思う程美味しいのです。
でも、残念なのはアイスコーヒー。
見るからに薄い。
もの凄く沢山のクラッシュアイスが入ってるのだけど、これがとけたらコーヒー風味の水になってしまうよ!

旧軽井沢はトイレがあまりないので有名なので、ここで済ませておこうとトイレに行くと、使用中でした。
これがなかなか出て来ない。
大丈夫?倒れてない?と、思うほど。
やっと出て来たのは30代〜40歳くらいのお母さん。(夫と子供が二人待つ席に戻ったから)

ここから先はお食事中の人、ご遠慮下さい!!


個室に入って便器の蓋をあけると………!!!!!

流してない!!!
なんで、軽井沢来て初日に他人の排泄物見せられなきゃならんの!?
きっと大量の排泄物で詰まらせたんだろうと、店員を呼びました。
店員さんが掃除をしてくれて「すみませんでした!もう使えます」と言ったので「詰まってなかったんですか?」と聞くと、どうやら普通に流れたらしくて、つまりは流し忘れだったようです。
「このクソアマ〜!」と、思わずその女を横目で見てしまいました。
当然、素知らぬ顔でしたが。

めっちゃテンション下がる中、とぼとぼホテルに戻る帰り道……
突然「美味しいワイン飲んでいきませんか?」と男性に声をかけられた。
『ワイン』のフレーズに思わず足を止めて振り返る私。
そこは店ではないけどテーブルが2〜3あり、ワインが並んでいる。
長野の地ワインの試飲会かな?と思ったら、声をかけてきた男性の後ろからもうひとりの男性が出て来て「おや!山本さんじゃないですか!!」

ええ?
誰???
こんなとこに知り合いいないよ?

思わずポカーーーンな私でした。


〜つづく〜




ぽちっとよろしくです




あの日から…

多くの生命が失われたあの日から一年もたつのですね。

どこの局も震災特集をやっているけど、辛くなるばかりなので見ていません。
目を背けてるわけではなく、ただただ黙祷。

あの頃さかんにした募金もすっかりやっていない。
またあの日に戻ったつもりで、募金しようと思う。

時々、復興を知らせるメールが田代島(猫の島)から届くのが嬉しい。

改めて、亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。




ぽちっとよろしくです



猫だるま

七色虹子先生作の猫だるま。

120301

仕事中に降ったドカ雪。
私が雪かきした後、その雪で玄関先にこさえてくれました。




ぽちっとよろしくです



毛玉取り

コメントで頂きましたが、ペット用バリカンは検討したことあるんです。
でも、音はうるさくないのかな?
猫には難しいんじゃないのかな?
と、手が出せずにいました。

拍手コメントの方で「マットブレーカー」なるものを勧められてググってみました。
ほう!こんなものがあったんですね。
即座にポチしちゃいました。

ありがとうございました!

Twitterでも呟きましたが、昨日は「どうしちゃったの!?」ってくらい、ルーチェの顔毛と襟毛がンコまみれ!
もちろん、お尻の毛も!!
汚れたお尻のお手入れしようと顔までンコまみれになっちゃったわけです。

取り敢えず、ペット用ウェットティッシュで拭こうとしましたが嫌がって逃げる逃げる。
だましだまし拭きましたが、きれいにはならない。
なんか、柄っぽく見えるけど違うよね…ンコ色に染まってるよね…みたいな。

仕方ないので、これまただましだましハサミで切りました。
汚れたとこだけ切ったので、なんだか残念なことに(^^;)
変な段カットになってるし、右と左の顔毛の長さが明らかに違うし。
あああ…やっぱり五分刈りにしたい!!




ぽちっとよろしくです



ルンバその後

猫たちは相変わらず慣れません。

ルンバを起動させると、フーコとエンツォは2階へ一目散に逃げます。
王子、キャンティ、ルーチェ、ガブは遠巻きに警戒しながら見てて、近づいたら逃げる…といった感じ。
キアラだけが全くの無関心。
それだけに、一番危険。

キアラはルンバが近づいて来ても全く気にせずどかないので、衝突してしまうんです。
もうおばあちゃんだから足腰も弱ってるので、ヘタしたら轢かれる(^^;)
いや、ルンバの方で障害物を認識して方向転換してくれるんですが、尻尾とか巻き込みかねないので怖い。
なので、ルンバがキアラに接近する度に私が走りよってキアラを抱きかかえなくてはなりません。
ちょっと面倒。

キャンティはキアラを母だと思ってるのか、キアラのことが大好きで擦り寄って行きます。
「スリ~」って身体をキアラに押し付ける度に、足腰弱いキアラはよろけます。
見てると、小型車にダンプカーが衝突してる感じ。
キアラにとってはいい迷惑です。
ルンバといいキャンティといい、目が離せません。

ルンバはよく働いてくれますが、目に見えるゴミを残したまま基地に戻ってしまうことがあります。
電池切れで充電のために帰るのなら仕方ないのですが、まだ電池有り余ってるのに帰ってしまった時は、まるで姑のように「ちょっと!まだここにゴミがあるわよ!!」と、つい怒鳴ってしまいます(^^;)
そして「仕方ないわね!」と言いながら自分で拾って捨ててます。

それでもカワイイです…ルンバ。

新しい家族

新しい家族が増えました。

やって来たのは一昨日の夜。
先住猫たちは、興味津々ではあるけれど、なんか怖いらしい。
遠巻きにガン見。
近づいて来ると、超ビビって逃げ出す始末。
なかなか仲良くなって貰えない…。
そのうち、慣れてくれるとは思うんだけど。


新しい家族↓

120202

ルンバちゃんです!

7匹、そしてうち2匹が長毛となると…本当にお掃除が半端なく大変!
力強いパートナーです。
お掃除をお任せというより、手伝ってくれてる感じ。
ルンバちゃんが猫毛やトイレ砂を食べてくれてる横で拭き掃除をするのって、なんか楽しい。
朝、コーヒー煎れてテレビ見ながらコーヒー飲んでる間にお掃除が進んでるのも凄く嬉しい。
実はだいぶ前から購入を悩んでいたけど、買ってよかった!

でも……
楽なことばかりではありません。

3~4回使ったら、本体のお掃除をしなくてはなりません。
内蔵のブラシやフィルターを外して、絡まった髪の毛や猫毛を取ってやらなくてはいけないのです。
2回使ってチェックしたら、キャンティたちの長~い毛がかなり絡みついてて…これは2~3回使う度に手入れしてやらなきゃいかんなー…と思いました。

便利だけど、手間のかかる奴なのでした。
「お掃除が面倒臭いからほしい」と思ってる人にはちょっとオススメできません。
でも、ペット飼いには本当にオススメです!




ぽちっとよろしくです





2012年

あけましておめでとうございます。

昨日は、栗きんとんを作り、いつもの行きつけの店へ行って「年越し蕎麦」を頂き、みんなでカウントダウン!
その後、近くの神社へ初詣。
深夜なのにいっぱい並んでて、待つ時間寒かったけど……大好きな人達と迎える新年はとても幸せな気分でした。

しっかり風邪をぶり返しましたけど(^^;)

これで、今年の正月らしいことは終了。
今日から今月発売のHONKOWAのネームです。
〆切は4日で、その翌日からアシスタントさんが入ります。
余裕はない……焦る。


きれいに撮れなかったけど、洋食レストランのシェフが作ってくれた「年越し蕎麦」
大きな海老天付き!
美味しかったですよ~!!

120101


今年もよろしくお願い致します。




ぽちっとよろしくです





今年もお世話になりました

ついに2011年が終わります。

大きな災害があり、色々な事を考えさせられる年でした。
いつもより、早く月日が流れたような気がします。
なのに…
3月~4月は、ぽっかり切り取られたように宙に浮いてそこだけ止まってるような気もします。

あの地震の時、私は小さなミカを抱いて揺れの治まるのを待ってました。
他の猫たちも倒れてきたものの下敷きになるのではないかという心配をしながらも、一番小さくて弱いミカしか守れない歯痒さを感じていました。

そのミカが、その20日後に亡くなり…時間が止まりました。

前に進むために、迎えたキャンティとルーチェ。
また、時計が動き出したようでした。


2012年はどんな年になるのでしょう?
悪い事は必ず起きるものですが、同じ分だけ善い事も起こるものと信じてます。
プラスマイナス=ゼロではなくて、ちょっとだけでもプラスで終われる年にしたいですね。

では、よいお年を。


大阪滞在中のホテルの部屋の窓からの景色。
右に見えるベージュ色のビルは朝日新聞社だった。

1112311




ぽちっとよろしくです




プロフィール

山本まゆり

Author:山本まゆり
心霊関係中心に描いてる漫画家です。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
amazon
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード